泌尿器の病気

■ 糸球体腎炎(しきゅうたいじんえん)

【原因】

原因は解明されていません。免疫が関係していると推察され、猫伝染性腹膜炎や猫白血病ウイルス感染症、リンパ腫や全身性エリテマトーデス、骨髄増殖性疾患との関連が知られています。また遺伝子との関連も推察されています。

【症状】

血液中の老廃物を濾しとる役割を担う糸球体が、炎症を起こしている状態です。炎症を起こすことで、糸球体でろ過した原尿量の減少や、タンパク質が原尿に漏れ出すようになります。症状は急性腎不全・慢性腎不全と同じ症状が表れます。主な症状は、食欲不振、嘔吐、腎機能の低下による貧血、高血圧による眼底出血や網膜剥離などです。進行すれば神経障害を引き起こす場合があります。またタンパク尿が見られ、重度の場合は血管内での凝固を防ぐための成分が尿中に排出され、血栓症を引き起こす場合もあります。

【治療・対策】

尿検査によってタンパク尿が見られるかどうかで診断されます。その段階で下部尿路疾患と区別できないため、腎組織検査で確定診断がされます。腎不全に対する治療が中心です。他に基礎疾患の影響が見られる場合は、その治療を行います。免疫抑制剤が有効と考えられていますが、まだその効果は実証されていません。感染症を防ぐために、ワクチンの接種や室内飼育にして他の猫との接触を避けることが予防策です。


■腫瘍の病気■皮膚の病気■感染症の病気
■眼の病気■呼吸器系の病気■骨・関節の病気■耳の病気
■消化器系の病気■脳・神経の病気■泌尿器の病気

03-5428-8779