冬太り対策しましょう!

飼い方(うさぎ)

人間もそうですが、「冬太り」怖いですよね・・。
なぜ冬に太りやすいかというと、哺乳類は体温を一定に保つことのできる恒温動物。
気温が下がったときに体温が下がらないよう脂肪を燃やし、エネルギーを作ります。

そのため冬眠が必要ない動物でも気温が下がるこの時期に脂肪を蓄えるような身体になり、食欲が増します。
室内で暮らすペットちゃんも、外気に触れることが少ない為身体に蓄えた脂肪が燃やされず、そのまま脂肪となってしまいます。

個人的にはコロコロ太った動物ってとっても可愛いと思っているのですが。笑
肥満は病気、そこから重大な病気に繋がることも。
冬太りしない為の注意点をご紹介します!

◆こまめな体重測定
種類によっても適正体重は違うので、獣医さんに適正体重を教えてもらい把握をしておきましょう!
年齢や筋肉のつき方、病気の症状等にもよって変わってくるので、絶対に適正体重を守る!と強い節制はしなくてもいいと思います。

◆いつもと違う散歩を
わんちゃんの場合、寒さで散歩が億劫になる子もいます。いつものお散歩を少し工夫して身体を動かしましょう!
ペースを上げてお散歩してみたり、散歩コースを少し変えてみたり。飼い主さんがお休みの日はドッグランで思いっきり運動するというのもおすすめです。

◆ご飯を工夫する
冬の間だけでも低カロリーなフードにしたり、量は増やさず茹でたお野菜を細かく刻んでトッピングするなど、カサ増ししてあげましょう!
特に猫ちゃんの場合、運動量を増やすというのは難しいかと思うのでご飯のあげ方に気を付けてあげましょう。

本格的に寒くなる前に、ご家族で冬太り対策を話し合うのもいいかも知れません。
ペットちゃんも人間も健康に冬を過ごしましょう!✨

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました