男の子と女の子の違いって?🐰

うさぎの飼い主さん編

こんにちは!
新人スタッフの加藤です。

本日1月13日は大好きな歌い手さんのお誕生日です✨
帰りにお祝いケーキ買って帰ろうかなと考えています🎂
(結局クリスマスケーキ食べれなかったし・・)

—★:*。———★:*。———★:*。———★:*。———★:*。—
うさぎさんのお迎えを考えている方からのご相談🐰
「男の子と女の子の違いって?」
違いは個体差も大きいですが、ざっくりとご説明します!

■男の子
女の子に比べると、甘えっ子な性格の子が多いです。
飼い主さんの後ろをずっとついてきり(ラビットチェイス)、かまってアピールが激しかったり。

おしっこをまき散らして縄張りを主張する「スプレー行為」も男の子の特徴のひとつです。
その飛距離は若くてやんちゃな子だと天井まで届くことも!
去勢手術によって落ち着きますが、手術はそれなりのリスクもあるので、病院と相談・飼い主さんの考え方によって行うか判断すると良いかと思います。

また、女の子同士よりかも男の子同士で多頭飼いする方が難しいとも言われています。
縄張り争いが女の子よりも激しい為、ケージ越しでも引きずりこんで血だらけの喧嘩になることもあります。
隣同士にするとストレスも相当なものになるため、男の子同士で飼う場合はケージを離す、ケージカバーをする、絶対に一緒に出さない等、様々な対策が必要になります。

■女の子
男の子に比べると、女の子はツンデレさん。
かまってほしい、けど抱っこは嫌、なでなでしてほしい、おやつほしい、今は触らないで!と、気分がコロコロ変わったり。

あごの下の肉垂(通称:マフマフ)は女の子にしかない特徴です。
妊娠するとここから毛を抜いて、赤ちゃんの為のベッドを作ります。
マフの大きさは身体のサイズに合ってくることが多いので、大きいうさぎさんだとマフも大きくなり、太っていると勘違いされますが毛と皮で出来ているので太っている訳ではありません。

もう一つ大きな特徴としては、子宮の病気になりやすいことが挙げられます。
大多数の女の子うさぎさんが子宮系の病気にかかり、死因トップでもあります。
予防としては避妊手術になりますが、リスクもありますので病院と相談しつつ決めて頂けたらと思います。

実家のうさぎさんは代々女の子なのですが、子宮系で亡くなった子は今のところ1匹もいません。
避妊手術をした後そのまま目を覚まさなかった、手術のショックで衰弱し、術後3日ほどで亡くなってしまった、等というケースもあります。
病気のリスクは取り除けますし、手術は99%成功しますが、こういったケースもあるということを頭に置いておいてください。
—★:*。———★:*。———★:*。———★:*。———★:*。—

男の子でもしれっとしたタイプもいたり、女の子でも甘えっ子さんがいたり、個体差は大きいので性格等は参考程度になってしまいますが🐰
タイプの違いを知っているとまた違った見方ができるかも知れません💡

ではでは、今日はこの辺で~⭐

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました