季節の変わり目にはご注意を

こんにちは!

アイスが大好きで、1日で24個食べたことがあります(・д・)

新人スタッフの加藤です。

 

8月生まれなので、毎年誕生日ケーキはアイスケーキです。

今年の誕生日ケーキ✨

 

皆様もおすすめのアイスがあれば教えてください!

—-★:*。———–★:*。———-★:*。———-★:*。———-★:*。—-

 

昼間は日がでると暑いときもありますが、すっかり秋の気温ですね!

夜なんかはちょっと寒いくらい。

 

人間にとっても辛いですが、もちろんペットにとっても本当に辛いものです。

この時期体調を崩す子がたくさんいます。

何故季節の変わり目は体調が崩れやすいのか、その予防策はあるのかを調べてみました!

 

 

暑い夏が終わり、エアコン病で身体がだるい、内臓が重たい感じがする。

人間だけではなくペットにも同じようなことが身体に起きています。

 

気温や温度など、環境の変化に適応する力は病気を戦う力と同じように体力を必要とします。

特に体力の少ない高齢の子、病気の子、幼い子はより影響を受けやすいです。

健康な若い子に比べると免疫力も低いため、そこから大きな病気に繋がってしまうことも・・

そうならない為にも、どのように予防したらよいのでしょうか?

 

◆日々の食事量・排泄量に注意する

体調の変化でまずわかりやすいのが食事量。

いつもの量食べれているか、排泄はちゃんとできているか。

夏の時期は喉が渇くのでお水をたくさん飲みますが、涼しくなってくるとあまり飲まなくなる子もいます。

水分不足は病気の原因になりますので、お水の量も注意してあげましょう!

 

◆空気の入れ替えをする

普段室内でエアコンの効いた部屋にいる子が外に出ると、気温差に身体がびっくりしてしまいます。

そうなるのを防ぐ為にも、こまめに部屋の空気の入れ替えをしてあげましょう!

外の空気を入れて、外の気温に身体が慣れるようにしましょう。

 

 

上記にあげた予防策以外も、たくさんの策があります。

その子によっても合う/合わないあるかと思います。

普段からペットとコミュニケーションを取り、その子に合った予防策をとってこの時期を元気に過ごしましょう!

 

—-★:*。———–★:*。———-★:*。———-★:*。———-★:*。—-

 

我が家はエアコンをつけっぱなしにしていて、私が帰宅後は窓を開けて扇風機で過ごしています。

外からの空気が気持ち良いみたいで、

ゆったりと過ごせているようです♪

こちら我が家の長老、今年で12歳のアメリカンファジーロップのゆたくん。

年齢相応の老化は見られますが、食欲もあり元気に過ごしています^^*

 

 

ではでは、今日はこの辺で~⭐

タグ: