【動物園・水族館編④】

今回は「ビーバー」です

 

直径15cmほどの木を数分で倒してしまうほど

強力な顎と歯を持っています

 

皆さん、ビーバーの歯って見た事ありますか?

 

ビーバーの歯は鮮やかなオレンジ色なんです

幼いころは真っ白なんですが

木を齧ることによって、

樹液などでだんだん染まっていくのです

 

基本的に夜行性ですので、

夕方ごろに見に行くのがオススメです

ただ日中でも活動していることもあるので、

夜行性ではなく、体内時計が27時間なのでは?

という説もあります

 

そんなビーバーさん

 

人間以外で唯一

「自分たちの為に自然環境を作り変える生物」

と言われているんですよ

 

巣がダムとなって川をせき止め、

水流は周囲に広がり池になります

水辺が広がる

行動範囲が広がる

餌も取りやすくなるという寸法です

泳ぎが得意な彼らにとってみれば、

天敵を避ける為に、なるべく水辺にいたいですよね

 

その池に様々な生物が集まるようになり、

豊かな生態系になっていくんですね

 

数十年でダムは泥に埋まりますが、

泥が堆積した肥沃な土地となり、

次代の植物や生物を育んでいくので無駄がありません

 

ただ増えすぎると、あちこちにダムを作って

川の流れがなくなってしまいますから

それはそれで問題です

 

とある国では

毛皮を獲るためにビーバーを持ち込んだら

増えすぎて社会問題になってしまったんだとか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA