【動物園・水族館編⑤】

今回は「ラッコ」です

 

仰向けでプカプカ浮いている姿、

石を使って貝を割っている姿が

可愛いですよね

 

ラッコはカワウソの親戚で

カワウソはotter

ラッコはsea otter

海のカワウソという意味なんですね

 

大食漢で知られるラッコは、1日体重の約15%の量を食べます

水面に浮いているだけで、

カロリーを消費していないように見えますが、

ラッコが生息している海は水温が4~10℃ととても冷たいのです

 

体温を保つためのエネルギー消費が激しく、

皮下脂肪という蓄えもない為、毎日たくさん食べないといけないのです

 

陸上最大の動物ゾウの食費は、私がいた園では1日6000円ほどでした

(動物園によって異なります)

 

ラッコはそれより少ない5000円程度

 

しかし、ゾウの体重は約3~5t

ラッコの平均体重は20~45kgくらいです

ゾウと比べると、およそ110倍・・・

恐ろしい金額ですね

 

ちなみに「ラッコ」の語源はアイヌ語と言われています

海外では通じませんのでご注意を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA