【今さらだけど狂犬病】

夢の10連休が近づいてきましたね

皆さんはお家でのんびりする派ですか?

旅行を楽しむ派ですか?

 

海外旅行へ行かれる方に気を付けていただきたいのが、

今回の「狂犬病」です

 

皆さん狂犬病は聞いた事があると思います

わんちゃんを飼ってる方は、毎年ワクチン接種に行かれているでしょう

 

狂犬病は発症すれば致死率ほぼ100%(正確には99.9%)

有効的な治療法はなく、発症後生還した例は世界で8例しかありません

 

運よく助かっても重い後遺症が残る恐ろしい病気です

世界では狂犬病によって命を落としている人々が毎年5万人以上いるのです

 

日本では1957年の猫を最後に、国内での発症の報告はありません

世界でも数少ない清浄国となっている為、あまり身近な病気ではないかもしれません

 

たまに日本で発症したニュースを目にしますが、すべて海外で感染し、帰国後発症したケースです

 

狂犬病には2つのタイプあります

極度に興奮し攻撃的な行動を示す狂騒型

下半身から上半身に麻痺が拡がり、食物や水が飲み込めなくなる麻痺型です

犬は前者の狂騒型になりやすく、人間の身近で生活していることも相まって、犬に噛まれたことによる感染が非常に多いんです

ワクチン接種が進んでいない国も多いので、飼育されている犬であっても油断は出来ません

犬を見かけても近づかないようにするのが無難です

 

狂犬病の厄介なところは、ほとんどの哺乳類に感染すること

国によっては、犬よりもコウモリからの感染が多い場所もあります

 

そして、唾液で感染すること

噛まれていなくても、傷口や粘膜を舐められただけで感染するリスクが高くなります

動物は舐めてグルーミングをしますので、唾液の付いた爪で引っ掛かれても感染の可能性があります

 

もし哺乳類にやむを得ず接触してしまった場合は、入念に消毒をしてください

狂犬病ウィルスはアルコールや一般的な消毒液でも不活化できると言われています

念の為に、日時とどういった接触をしたのか記録をしておきましょう

 

海外旅行を予定されている方は、現地の情報を調べておくことをおすすめします

厚生労働省では「海外感染症情報」を載せています

最新情報や感染症別に確認できますので、参考にしてみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA