【バレンタインデーに気をつけたい事】

今年も恋の季節がやって来ました!

街に出るとハートが溢れていますね

 

2月はバレンタインデーがあるので、「チョコレート中毒」が一番起きやすいんです

今年は14日は平日なので、この3連休中に準備される方も多いのではないでしょうか

 

チョコレート中毒は犬猫どちらでもなり得ますが、犬が圧倒的に多いです

飼い主が食べているものを欲しがったり、猫よりもずっと甘味を感じやすいからと言われています

 

中毒が起きた場合、嘔吐、下痢、失禁、興奮などの症状がでます

一番強いと言われているのは興奮や心悸亢進作用(心拍数が増える)です

 

チョコレートのカカオには、「テオブロミン」という成分があります。

これが中毒を引き起こす成分になります。

人間でも多量に摂取すると中毒を起こすこともありますが、犬や猫は人間に比べてこの成分を分解する速度が半分以下。

テオブロミンが長く体の中に留まることで、効果が過剰に発揮されてしまい、中毒症状が出ます。

 

ただ、チョコレートを食べたからといって、すべての犬や猫に中毒症状が出たり、死に至るわけではありません。

 

〇個体差がある

危険な食べ物ということに変わりはありませんが、感受性にバラツキがあるため、食べてもケロッとしている子もいれば、少し食べるだけで発症してしまう犬もいます。

 

〇チョコレートの種類

チョコレートに使われているカカオの量によって違ってきます。

色が濃いほどカカオの量が多いと思ってください。

例えばホワイトチョコレートには、ほとんど含まれていません。

含有量としては

ミルクチョコ < ビターチョコ < ブラックチョコ < 製菓用無糖チョコ

 

基本的には製菓用チョコレートが含有量は一番高いですが、最近では高カカオのチョコレートが数多く販売されています。

これらは普通のチョコレートの2〜4倍含まれているため、注意が必要です。

また、レーズン入りチョコは、チョコレートよりレーズンの方が危険です。

あまり知られていませんが、ブドウ中毒もあるからです。

 

原因となるテオブロミンを解毒する薬剤は、今現在ありません。

基本的な治療は対症療法です。

食べた直後であれば、催吐処置(わざと吐かせる処置)で出来るだけチョコレートを吐かせます。

点滴や活性炭を飲ませたり、他に胃の洗浄などを行うこともあります。

 

犬や猫は人間と違って、水を大量に飲む、喉の奥に手を入れるなどの方法で吐かせるのが難しいです。

食べたと判明した時点で獣医師に連絡しましょう。

いつ、どんな種類を、どれくらい食べたのか伝えると獣医師が判断しやすいです。

チョコレートのパッケージがあれば尚良し、なくてもどんな製品が分かれば調べることが出来ます。

 

誤飲・誤食は時間との勝負です。

自宅で何か処置をする前に、まず獣医師に連絡を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA