起業家の負けん気

「負けん気は強いほうがいい。
ただ中味があって人間味がある温かい負けん気がいい。
決してひとを卑下するものであってはならない」

こんなことを意識している。

1.怒る時は人格否定はしない方が良い。
性格やチビやハゲは治らないから、怒らない。小学生のケンカになる。

2.売上を上げろと言わない方が良い。
売上が上がる方法を代取は考え、そのやり方を伝授する。
そんなもん部下が出来るわけがないと、考えた方が気が楽だ。

3.あまりほめない方が良い。
ほめることはほとんどしない。通常になるとあまくなる。

山本五十六語録は自分なりに解釈したい。

やってみせ、言って聞かせて、
させてみせ、
ほめてやらねば、人は動かじ。

話し合い、耳を傾け、承認し、
任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、
信頼せねば、人は実らず。