起業家と二代目

「創業者と二代目はどっちが大変だろうか?
何もないところから確立する大変さと楽しみは創業者にはある。

成功する確立は六年たつと百分の三くらいかな。

二代目は潰せないつらさがある。
そして二代目としてのプレッシャーが何よりきつい」

2代目、三代目の社長さんと話す機会がたくさんある。

親父は、まだ体が元気だから、いろいろ口を出したがるんだけど
インターネットだとかよく解らないから、時代遅れなんだよね。

従業員たちも私の事を見たらいいのか、会長(親父の)ことを
聞いたらいいのか、戸惑ってるんですよ・・・と。

息子さんよ(社長さんよ。2代目さんよ)

君が小さいとき、赤ちゃんの時、
君は知らないけど、覚えていないけど、

親父さんはその時の時流に乗っ取って、いろんな手段を使って
営業して会社を回してきてるんだよ。

親父さんに、今、そう思っていると、
今度は、君がそう思われる順番が回ってくるよ。