起業家から見る年輪

実るほどこうべを垂れる稲穂かな。
この一言をつぶやくと、なにごとも腹も立たないし、商売もうまくいく。

20,30代は肩で風を切った方がいい。
角ばるからよく人とと当たるし、うまく行かないことが多い。

だけど良いんじゃないかな。それで。

やらないことには、人にも当たらないし
自分の良さ、人の好さも特性も解らない。

40超えて、半分の50まで来ると
なんとなく、実ほど頭を垂れる稲穂かな。

だけど、まだまだ、20,30代のやつらには負けたくない。

村田兆治の鍛え方。
あの先生の超人的な脳と体の鍛え方。

脳梗塞から復活リハビリの親父の姿を見ると

私は、まだまだ、やれる。