儲王

私が筆で書きました。

読みづらい漢字です。ちょおう、と読みます。
「世継ぎとなるべき親王。皇太子のこと。
人心を儲け、貯めさせ、繋げる起業家でいたい」

儲ける王様のようなイメージをうけるので、銭ゲバ的な浪速金融道を思い浮かべますが、
意味合いは全然違います。

儲は「もうける」。同じ意味の漢字で、「貯」ちょきんのちょ、と同じです。
ためる。とも読みます。
人の心を豊かにし、経済的にも回るようにします。

そんな企業人、
稲盛さん
本田宗一郎さん
渋沢栄一さん
過去には、すごい人たちがたくさんいたんだな・・・・

だけど、自分で出来ることで世に貢献できればいい。