動物と健康にくらす犬猫ウサギ・鳥etc動物の病気ガンと戦う

動物看護士・ペット栄養管理師の無料健康相談!ペット用のサプリメント/フードのご質問やペットのお悩みに無料でお応えいたします。
動物と一緒に暮らす・スケアクロウ公式ショッピングページへ 動物と一緒に暮らす・スケアクロウ公式HPトップページへ 動物と一緒に暮らす・スケアクロウのお得情報 取引病院一覧 会社概要 動物と一緒に暮らす 動物と一緒に暮らす
犬・猫と健康にくらす・メディア紹介
TBS朝ズバッ!におりこうくんがしょうかいされました。
テレビ|日本テレビズームインスーパー テレビ|日本テレビ
ズームインスーパー
ラジオ|インターFM「早見優ペットなんでも相談コーナー」 ラジオ|インターFM
「早見優ペットなんでも相談コーナー」
専門誌|犬吉猫吉 専門誌|犬吉猫吉
犬・猫と健康にくらす・ご相談コーナー
動物看護師によるペット無料健康メール相談 動物看護師による
ペット無料健康メール相談
パンフェノン・よくある質問解決動画 パンフェノン・よくある
質問解決動画
for EnglisFrequently Asked Questions for Englis
Frequently Asked Questions
犬・猫と健康にくらす・リンク集
動物臨床医学会年次大会 動物医療研究会
動物臨床医学会年次大会 動物臨床医学会年次大会
日本臨床獣医学フォーラム 日本臨床獣医学フォーラム
日本獣医がん学会 日本獣医がん学会
犬・猫と健康にくらす・リンク集
心臓病について 心臓病について
日本獣医がん学会 ガンについて
アトピー・アレルギー アトピー・アレルギー
犬・猫が聴く健康 犬・猫が聴く健康
犬の洋服について 犬の洋服について
犬・猫と健康にくらす・調べもの
犬の健康大辞典 犬の健康大辞典
全国動物病院検索 全国動物病院検索
調べる・話せる・口コミ・ワンニャンプルランド 調べる・話せる・口コミ・ワンニャンプルランド
世界の犬種図鑑 世界の犬種図鑑
動物メディカルコーディネーター 動物メディカルコーディネーター

 

 

 

 

 

犬の病気・犬の健康「スケアクロウ」代表 大川博

株式会社スケアクロウ
大川 博

はじめまして。大川と申します。
数年前に愛犬ロクをガンでなくしたことがきっかけで動物医療の仕事をするようになりました。乳ガンの転移が全身にひろがり、末期にはどうしようもない状態で息を引取りました。
手術、抗ガン剤、放射線治療には限界があり、家族とその子の最期をしあわせには見送ってはくれません。
アトピー、アレルギーの治療でステロイド漬けによって体がボロボロになっている子も見かけます。
飼い主さんが日頃から情報を得ることでわが子が病気に掛かったとき自然な姿で対応出来ることが少なくありません。
たくさんの獣医師の先生と仕事をする中、お薬だけ(西洋医学的なもの)に頼らない治療方法を選択する機会が多くなりました。
コンパニオンアニマル(伴侶)という言葉を昨今耳にします。ペット(犬、猫)を含むご家族に健康という幸せをお届けできればこれほど嬉しいことはありません。

経済界

■ 雑誌、経済界で大川が取材された際の記事より抜粋

39歳、有限会社からスタートしましたが、最初から思いどおりには運びませんでした。起業からの6年半はずっと1人でいろいろなペット関係の会合に行き、サプリを試してもらうことを続けましたが、なかなか芽が出ません。

そこで病院に使ってもらうしかないと考え、営業しました。やがて電車賃もなくなり、沿線上の一番遠い駅まで行き、歩いて戻りながら営業やヒアリングをしました。それでも売れませんでした。学会で発表する機会もありましたが、評価は良くありませんでした。そのような毎日に途方に暮れ、駅の構内の階段に座り込んで動けなかったことは今でも忘れません。精神的にもどうにかなってしまいそうな状態でした。

そのような中に初めて大学と共同研究し商品を発表する機会を得ましたところ、驚くように売れ始めました。それが「パンフェノン」です。やがて借金も返済し、スタッフを雇う事もでき、軌道に乗ることができました。

>> 掲載本文はこちら

  【社 名】 株式会社 スケアクロウ
  【代表取締役】 大川 博
  【取締役】 公認会計士 落合 英隆
  【所在地】 〒150-0045 東京都渋谷区神泉町11−8梅山ビル2F
  【電 話】 03-5428-8779
  【F A X】 03-5428-8732
  【U R L】 http://scarecrow-inc.jp (企業最新情報)
    http://scarecrow.bz (心臓病を考える)
    http://pet-kenko.org/ (がんを考える)
    http://pet-kenko.net/ (アトピー・アレルギーを考える)
    http://12ple.com/ (ワンニャンプルランド(コミュニティSNS))
  【Eメール】
  【設 立】 2004年3月30日
 

【メディカル事業部】
■小動物に対するサプリメントの研究・開発・販売
■小動物に関する臨床受託業務
■小動物における、医療検査システムの開発
■小動物用医療機器のあっせん販売

◇ 日本獣医生命科学大学  放射線学教室 教授  藤田 道郎
 ■リンパ球を用いた免疫療法の臨床応用の可能性
■難治性疾患に対するパンフェノンの有用性
■イペット(タヒボ含有)を用いた延命効果

◇ 日本獣医生命科学大学  獣医内科学教室 准教授 小山 秀一
 ■心臓疾患に対するパンフェノンの効果

◇ 日本大学生物資源科学部  教授 津曲 茂久 准教授 桑原 正人
 ■イペット(タヒボ含有)の動物疾患への効用試験

◇ 全国動物病院2000箇所

日本獣医内科学アカデミー
日本獣医臨床病理学会
日本獣医皮膚科学会
動物臨床医学年次大会
動物のサプリメント研究会

さまざまな健康情報が氾濫するなか、何を信じたら良いのでしょうか?
「木を見て森を見ず」という言葉があります。人間の医療でも抗ガン剤のみの治療で命を落としていく人は少なくありません。
動物医療はヒトの医療よりも遅れを取っているのは否めない事実です。
わが子(ペット)が病気になったとき、その場しのぎの治療に頼ることなく根本的な体力を取り戻す医療の普及が望まれています。
お薬の効果は否定いたしませんが、それだけでは根本的な解決には至らないのです。
私たちは民間で「良い」といわれる民間伝承法に頼るのではなく、研究者、獣医師と治療の補助として使用できるEBM{エビデンスド・ベイスド・メディスン(根拠に基づいた医療用サプリメント)}の開発を目指しています。

TOP | 会社概要資料請求お問合せ相互リンクについてプライバシーポリシー
Copyright (C) 2005-2012 Scarecrow Corporation. All Rights Reserved.
犬の病気・犬のガンと戦うサイト スケアクロウ