感染症の病気

■ 猫ウイルス性鼻気管炎(ねこういるすせいびきかんえん)      ≪FVR≫

【原因】

猫ヘルペスウイルス1型(FHV-1)の感染が原因です。ウイルスは感染動物の唾液や鼻汁、排泄物などに含まれるため、くしゃみでなどでの飛沫感染や排泄物との接触が主な感染経路となります。また多頭飼育の場合のグルーミングや食器の共有、人が感染猫を触った後に他の猫に触れることなどで起こる間接的感染、母体から胎児への母子感染なども原因になります。

症状を表していない猫でも保菌している場合があるため、感染源となります。本病特徴の1つは、回復後、中枢神経内にウイルスが潜伏し、持続感染することが多いことで、ウイルスキャリアーとよびます。健康な時は、免疫系の働きにより、ウイルスは、細胞内に閉じ込められるが、闘争、妊娠、出産などのストレスが加わると免疫力が低下し、唾液などに排泄され、再発するばかりでなく、感染源となります。

【症状】

猫ヘルペスウイルス1型(FHV-1)の感染は、鼻から侵入し、成猫では、主に、上部気道粘膜(鼻腔、咽頭、扁桃、気管、上部など)で増殖し、組織を破壊します。ウイルスの特性から、外気に触れて体温の下がる鼻・口・目の周りを中心に症状が表れます。急性期と慢性期に分けられ、急性期では発熱を起こし、くしゃみや鼻水、涙や目やに、口内炎やよだれ、咳や食欲不振などの症状が表れ、進行すると結膜炎から潰瘍性角膜炎を引き起こし、穿孔(穴)を生じる場合もあります。また鼻の辺りにヘルペス性の皮膚炎や下痢などの消化器症状が見られることもあります。幼猫では進行が早く、死に至る危険性があります。慢性期では症状が落ち着くものの、ウイルスは三叉神経節に残るため保菌化します。保菌状態は数年間続き、唾液や鼻汁、排泄物からウイルスが排出され、感染の拡大に繋がる可能性があります。

【治療・対策】

猫ヘルペスウイルスへの抗ウイルス薬はないため、対症療法が中心です。栄養補給や保温、免疫力を高めるインターフェロンや二次感染予防のための抗生物質の投与、鎮痛剤や解熱剤の投与などを行います。また結膜炎や潰瘍性角膜炎を引き起こしている場合にはその治療を行います。くしゃみや鼻汁によってウイルスが排出されるため、多頭飼育の場合は感染した猫を隔離して飛沫感染などを防ぐ必要があります。感染猫の使った食器やトイレなどを次亜塩素酸ソーダ等で消毒するようにしましょう。猫ヘルペスウイルスは、一般的な三種混合ワクチンの接種で予防できます。早めにワクチンを接種しておくこと、室内飼育にして感染動物との接触を避けること、清潔な飼育環境を整えることが予防策です。


■ 猫カリシウイルス感染症(ねこかりしういるすかんせんしょう)

【原因】

猫カリシウイルスの感染が原因です。ウイルスは感染動物の唾液や鼻汁、排泄物などに含まれるため、くしゃみでなどでの飛沫感染や排泄物との接触が主な感染経路となります。多頭飼育の場合は、グルーミングや食器の共有でも感染します。また人が外で感染猫を触ったり、衣服にウイルスが付着したりして、それに自宅の猫が感染する間接的な感染もあります。カリシウイルスの感染力は強く、一度でも感染すると回復後もウイルスが残り保菌状態になります。そのため症状を表していない猫でも保菌している可能性が高く、感染源として注意する必要があります。

【症状】

猫カリシウイルス感染症は、猫ウイルス性鼻気管炎に酷似しており、発熱、食欲不振、元気消失、鼻や眼からの分泌量などの増加がみられます。また、舌などの口腔内に潰瘍が形成され、痛みを伴う場合があります。カリシウイルスの感染によって起こる、上部呼吸器感染症で頻発度の高さから猫風邪とも言われています。猫伝染性鼻気管炎との混合感染も多く見られます。口内炎や舌炎が最も多く見られ、他にくしゃみや鼻水、結膜炎や目やに、発熱や食欲不振、口腔内や鼻粘膜の水泡や潰瘍などの症状が表れます。口内炎や口腔内の潰瘍から食餌が食べにくくなったり、多量のよだれを出したりする場合もあります。重症化して肺炎を引き起こす場合もあり、死に至る危険性があります。猫伝染性鼻気管よりも比較的症状は軽いとされています。冬に感染が多く見られます。

【治療・対策】

猫カリシウイルスへの抗ウイルス薬はないため、対症療法が中心です。栄養や水分の補給や保温、免疫力を高めるインターフェロンや二次感染予防のための抗生物質の投与を行います。重症化していなければ、多くは1~2週間程で回復します。くしゃみや鼻汁によってウイルスが排出されるため、多頭飼育の場合は感染した猫を隔離する必要があります。感染猫の使った食器やトイレなどは小まめに次亜塩素酸ソーダ等で消毒するようにしましょう。猫カリシウイルスは、一般的な三種混合ワクチンの接種で予防できます。早めにワクチンを接種しておくこと、室内飼育にして感染動物との接触を避けること、清潔な飼育環境を整えることが予防策です。


■腫瘍の病気■皮膚の病気■感染症の病気
■眼の病気■呼吸器系の病気■骨・関節の病気■耳の病気
■消化器系の病気■脳・神経の病気■泌尿器の病気

03-5428-8779