実は多い!指間炎

飼い主さんからのお問い合わせでも多い指間炎。
肉球辺りをガジガジしている様子を見たことはありませんか??

その行動、もしかしたら「炎症」が原因かも知れません。

あまり知られていないため、見落としがちで気が付くと悪化していることもありす。

どんな病気?

指の間や肉球の間の皮膚に炎症が起こり、赤く腫れたり膿んでしまうこともあります。
痒みもあるため、動物はしきりに舐めてしまい、細菌が増えてしまいます。
舐めやすい場所なだけに治りにくい病気です。

原因は?

皮膚病(アレルギーなど)が原因の場合に指の間にも症状が出ます。

お散歩の時にトゲが刺さるなどのケガや、汚れたりゴミが付くなどすると、
気にして舐めてしまい、指間炎の元になることもあります。

また、ストレスで肉球をガジガジしていることが原因になることもあります。
発症の原因は様々です。

治療

まずは動物病院で診察を受けることが大切です。
ケガだった場合、放置することで傷口からバイ菌が入り悪化してしまいます。

治療は投薬や塗り薬が一般的です。

対策

日頃から皮膚全体のブラッシングやシャンプーを行い、症状にいち早く気がついてあげることも大切です。
また、清潔に保つため、散歩から帰宅したら足裏だけ洗ってあげることも良いです。
その際は流し残しがないよう注意しましょう。

加齢や季節の変わり目に発症することも多いため、体質を改善させたり、免疫力を整えることで、抵抗力を付けることも重要です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA