フィラリアの感染経路

わんちゃんを飼っている方の多くは、そろそろフィラリアの予防が始まるのではないでしょうか。
関東では4月頃血液検査を行い、5月~11月の間、毎月一回投薬をされる方法が一般的です。
(地域によって異なります。)
今回はこの時期特に気になる、フィラリア症の感染経路についてお話しします!
フィラリア=蚊のイメージがありますよね。
まず、蚊がフィラリアに感染している犬の血液を吸います。
血液に含まれていたミクロフィラリア(フィラリア症を起こす寄生虫「犬糸状虫」の幼虫)が、蚊の体内に移行します。
蚊の体内で幼虫が成長を遂げると、口の先まで移動し、幼虫は蚊が別の犬を吸血する時を待ちます。
その後、蚊が別の犬の吸血をする際に口の先にいた幼虫が蚊の唾液と一緒に犬の皮膚上へ落下します。
そして怖いのがここから。。
皮膚の上に落下した幼虫は実はまだ成長途中。
なんと、蚊が刺した穴を見つけるとそこから血管内に侵入してしまうのです!!
血流に乗った幼虫は流れに身を任せ、血液から栄養を取りながらまだまだ成長をします。
その後肺動脈や心臓内部へ成虫となった犬糸状虫は寄生します。
そのため、フィラリア症の場合心臓疾患を起こしてしまうのです。
とっても怖いですよね。
フィラリア症は、予防が出来る病気です。
毎年検査と予防を行いましょう!
次回は
「なぜ蚊が発生した翌月から予防薬開始するの??」
予防方法の詳しいお話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA