なぜ蚊が発生した翌月から予防薬開始するの??

前回に引き続き、今回もフィラリア予防についてのお話しです。

今回のテーマは「なぜ蚊が発生した翌月から予防薬開始するの??」

 

不思議だと思いませんか?

蚊に刺されて感染するかもしれないのに、なぜ蚊の発生時期よりも少し遅めに予防を始めても良いのか。

今日はその疑問にお答えします。

 

フィラリアの予防方法はいくつかありますが、一般的な内服タイプ(錠剤やチュアブル)を例にお話し致します。

 

フィラリアの予防薬は【感染したフィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)を成虫になる前に駆除する】ことが目的です。

前回お伝えしたように、蚊からフィラリアの幼虫が犬へと感染します。

その際、皮膚の上から血管に移動していきますが、

血管に辿り着くまでの間、筋肉や皮下組織で脱皮を繰り返しながら幼虫は成長しているのです。

この成長途中の幼虫を死滅させるタイミングのに合わせて、予防薬を開始するため、

蚊の発生時期から1か月後という事になります。

 

予防薬は、フィラリアが体内に入らないようにすることが目的ではなく、

体内に入ったフィラリアの幼虫が心臓へ寄生して成虫になることを防ぐことが目的です。

ちなみに、毎月1回の投薬が支持される理由は、前回薬を飲んでから1ヶ月間の間に

仮にフィラリアが犬に感染していたとしたら、その感染したフィラリアの幼虫が体内にいるはずです。

その幼虫を一気に駆除することで、成長を食い止めることができます。

1か月間効果が持続するわけではなく、1度飲用したら、その時しか効果が持続されません。

そのため、毎月1回の投薬は守る必要があるのです。

 

すこし難しいですが、予防薬の種類によって様々あります。

お住まいの地域によって開始の時期を変わってきますので、

動物病院の先生とご相談の上、予防を開始してください。

成犬の場合、予防開始の前には、事前の血液検査もお忘れなく!!

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA