早見優ペットなんでも相談コーナー|犬猫ペットサプリメントのスケアクロウ

パンフェノンなどの資料を
お送りさせていただきます。
ペットサプリメントの疑問などに
動物看護師が無料で対応。

早見優ペットなんでも相談コーナー

佐草一優先生と早見優さん

佐草一優先生と早見優さん

※ H:早見 優さん S:佐草一優先生 N:スケアクロウ永井 R:リスナー

H:ペットなんでも情報局ペットジャム、金曜日の今日は、ペットの基礎代謝アップで健康をサポート。
パンフェノン・イペットでおなじみのスケアクロウのご協力でお送りします。

H:こんにちは、ペットジャム、ナビゲーターの早見優です。
そして、頼れる我らの獣医さんは、佐草先生です。

S:こんにちは、佐草一優です。今日もよろしくお願いします。

H:よろしくお願いします。
実は今日は、スケアクロウさんが以前番組の中で紹介してくださった「メディカルマイサウンド」の体験談の録音お便りをいただいています。さっそく聞いてみましょうか。

R:噛みグセがあったんで、ちょうどその時CDの事を知ったんで作ってもらいました。聞かせたら、耳を立てて、音楽の方に興味をもって。一人でゲージに入ってゆったりとした気持ちで聞いてましたね。音楽が合ってるのかなって。人間と一緒で音楽を聞くとリラックスをしてるのかな、って。
朝聞かせると、その日はなんかね、1日勤めに行って帰ってきても吠えない。ご飯まで朝ちょっと聞かせてて、そしたら今日夕方6時くらいに帰ってきたら全然吠えなくって。

※音声を聞くことができます。下の矢印をクリックしてください。


H:噛み癖のある 2才5ヵ月のチワワ、風(ふう)くんのレポートですが、メディカルマイサウンドで、リラックス効果が出ているようですね。

S:噛み癖というのは、コミュニケーションのすれ違いや、ストレスが原因で起きる心のSOSでもあるんですが、少しでもリラックスしてくれれば、気持ちに余裕が生まれて、攻撃的な面が薄れてくると思いますよ。

H:メディカルマイサウンドにはそうしたリラックス効果があるんでしたよね。そこのところをもう少し詳しく、スケアクロウの永井さんに聞いてみましょうか。

N:ありがとうございます。スケアクロウの永井です。
メディカルマイサウンドを作り始めたきっかけは、もともと人間の不眠症の方やスポーツ選手の方が集中力を上げるためにですとか、他にもひらめきを得るためにこのCDを聞いている方が多かったのですが、人間で効果があるなら、犬にも効果があるのではないかということで作り始めました。

H:一人一人違う音楽ってことなんですが、どうやって音楽を作るんでしょうか?

N:一人一人違う音楽ですので、その子から脈拍をとる必要があります。渋谷区神泉町のお店に来ていただければその場で作ることができます。人の場合は、指先から脈拍をとりますが、ワンちゃんの場合は耳から脈をとります。およそ1分くらい耳に脈拍をとるクリップを取り付け脈をとり、その場でパソコンを使ってオリジナルのサウンドを作成します。全部の工程は5分から10分程度で終わりますので、ぜひお店に遊びに来て下さい。

こうして作り出される、一人一人まったくオリジナルのサウンドが、メディカルマイサウンドなのですが、実はこの音楽は、f分の1ゆらぎで構成されているんですよ。

H:f分の1ゆらぎ・・・ですか。

N:はい。f分の1とは、規則的な音とそうでない音との中間に現れるもので脳がゆったりしている(=癒されている)ときにでるα波の正体だそうです。代表的なものに電車の揺れなどがあるそうです。

H:確かに電車に揺られているとついうとうとしちゃいますよね。これもf分の1の揺らぎ効果だったんですね。どうりで癒されると思いました。あと、モーツァルトの音楽にはこのゆらぎがあるなんて聞きますよね。

N:その通りです。そうした安らぎのサウンドがベースになっていますから、ペットにも効果的なんだと思います。

H:しかも世界でたったひとつだけ、愛する我が子の為の完全オリジナルサウンドですから、これは貴重ですよ。メディカルマイサウンド。愛するペットの為に一枚作ってみてもいいかもしれませんね。それではここで音楽です。

H:金曜日の後半は、ペットアイテムの豊富な品ぞろえで定評のあるペットシティ海老名店でお客さんからいただいた収録音源のQBOXの質問に答えていきますよ。
さて、どんな質問がきているでしょうか?

R:飼い始めて、甘噛みに困っているんですけど。
どんどんいろんなものを噛んでしまって、私たちの手にも噛みついてくるようなかんじで。どんどん強さも強くなってきて痛いんですけど、それを治すのをどうして良いか分からないので教えて下さい。

H:2か月のトイプードルぐぅちゃんのオーナーさん、ぐぅちゃんのママからのご質問ですが。先生、この子もメディカルマイサウンドを聞かせればいいんじゃないですか?

S:まあ、この子の場合は、ストレスというよりも、まだ生後2ヶ月ということですから、どうやってコミュニケーションをとっていいのか、自分でもわかっていないだけなんですよ。兄弟でいれば、大好きの表現でも強く噛みすぎると、みんなから怒られてしまうので、だんだん噛む力加減がわかってくるんですが、一人でいるとそれを教えてくれる人がいませんからね。なのでおうちの人が、強く噛みすぎた時は、口の中に手を入れてダメ!ってしかるのが言いと思いますよ。ただし叱りっぱなしにしないで、その後必ず、大好きって教えてあげてくださいね。

H:なるほど。噛んでくるのは、コミュニケーションを求めている愛情表現だったんですか。そう考えるといじらしくなっちゃいますね。

S:あと、噛んで来たときは大声を出さないこと。大声を出すと喜んでいると勘違いして、更に興奮してしまいますからね。

H:そうですね。遊んでくれていると思うともっとテンションが上がっちゃいますものね。ぐぅちゃんのママさん頑張ってみてください。
さて、そろそろお時間ですね。月曜日の今日は、ペットの免疫力強化で健康をサポート、パンフェノンとイペットでおなじみのスケアクロウのご協力でお送りしました。
それでは、先生明日もよろしくお願いします。お相手は、早見優と

S:佐草一優でした。

H:それではまた来週。

公式Webショップ
動物看護師無料相談